最近人気のクラフトビール!そんなクラフトビールの雑学を分かりやすく解説

このサイトは、最近人気のクラフトビールの雑学を分かりやすく解説しています。
様々な種類のビールを味わって楽しみたいと考える人におすすめです。
小規模なビール醸造所が作るものと、大手メーカーによるビールの違いに関しても説明しています。
これらの2つの異なる点を詳しく知りたい場合に参考になるかもしれません。
また日本における、小規模醸造所のビールの歴史についても触れています。
きっとビール造りが身近に感じられることでしょう。

最近人気のクラフトビール!そんなクラフトビールの雑学を分かりやすく解説

小さい醸造所でじっくり作られるクラフトビールをより楽しめる雑学を知りたい、という人も多いのではないでしょうか。
クラフトビールは個性的な味わいを楽しめるものが多いですが、香りもそれぞれ異なっているので注目することをお勧めします。
クラフトビールの香りを良く感じるためには、ワインのようにグラスを回して嗅ぐのが良いです。
また冷やし過ぎると香りが分からないことも多いので、あまりキンキンにしない方が楽しめます。

初心者でも分かるクラフトビールの基本

お酒を飲み始めたばかりの初心者さんでも分かるクラフトビールについて解説します。
クラフトビールは大手のビール会社とは対照的な小規模の醸造所で、職人さんが丹精込めて伝統的な原料や製法で造ったビールです。
大手のビール会社の商品のように量産しておらず、市場にはあまり流通してないものもありスーパーなどではほとんど見かけません。
醸造所のオンラインショップで売られていたり、そのお店でしか味わえないという贅沢な感じもクラフトビールの楽しみ方の一つです。
ビール作りに必要な原材料は麦芽とホップ、酵母と水が基本で、とてもシンプルですが麦芽一つとっても様々な種類があるため組み合わせで味が無限に広がります。
この基本の4大原料にプラスして副原料が使われ、芳醇な香りやフルーティな味わいなど醸造所や商品の個性となっています。
作り手の思いが込められたクラフトビールはお洒落なパッケージも多く、味わいも豊かで魅力的なお酒です。

クラフトビールは味わいが芳醇で美味しい

暑い季節になると飲みたくなるのみ種類としてビールがありますが、種類自体も豊富にあるのでその時の気分で銘柄などを楽しむ事が出来ます。
暑い季節であれば気温が高い状態で、アツアツの料理と冷たく冷えたビールの相性は抜群です。
実際に多くの銘柄がありますが、その中でもクラフトビールは特別な味わいを楽しむ事が出来ます。
実際に通常市販されている種類と比べるとクラフトビールの方が芳醇であり美味しいと感じる事は多いです。
その理由として大手が手かけている一般的な種類と比べると、小規模製造ビールになるため職人のこだわりが詰まっているといえます。
酵母自体の選び方から製造過程も踏まえて、小規模製造ではありますが1つ1つに拘りをもつ事が可能です。
そのため拘れば拘っただけでの味わいにする事ができ、芳醇で美味しい製造出来ます。
職人のこだわりが詰まった作品だからこそ、普段の一般的な種類とは違った美味しさを体験する事が可能となっています。

クラフトビールはどこで販売されているの?

2015年ごろから徐々に人気を集めており、今では日本全国にあるブルワリーの数は500ヵ所を超えるなど「クラフトビール」の知名度や人気は高まってきています。
ただクラフトビールを飲んだことのない人にとって、どこに行けば買えるのかわからないという声も少なくありません。
そこで気軽にクラフトビールを味わうためにも、販売されている場所を事前にリサーチしておくといつでも好きな時に購入できるようになります。
販売されているお店の一つにコンビニやスーパーがあります。
特にローソンは大手ビールメーカーのビールをはじめとして、ヤッホーブルーイングの代表的な銘柄である「よなよなエール」や「水曜日のネコ」、ホップの香りが特徴的な「インドの青鬼」など今まで飲んだことのないラインナップが揃っていることが魅力です。
イオングループのスーパーには、その地域で製造するクラフトビールを多く取り揃えており、海外ビールの品揃えも豊富ですし、三越伊勢丹や阪急デパートなどの大型百貨店でも取り扱いをされており、日頃の買い物で立ち寄ったついでに購入できます。

クラフトビールの発酵方法は大きく分けて2種類

クラフトビールは、上面発酵および下面発酵の2つの方法で製造されます。
両者の違いは温度の高低と、それに伴って要する時間の差異です。
高い温度で行えば短期間で、低い温度で実施すれば長期間かかるという訳です。
前者の上面は、高い温度を用いているために時間をあまり要さないクラフトビールです。
これで出来たビールをエールと呼び、酵母菌が麦汁の上に浮かび上がるためこの名が付きました。
必要な期間はおよそ3日から4日であり、その後の熟成期間としては2週間ほどとなっています。
大量生産には向かないですが、飲みごたえがあり個性的な味わいのビールが完成します。
後者の下面は、低い温度で長期間にわたって作られるビールです。
上面とは反対に麦汁の下方に沈んでいくのが、その名前の由来です。
必要な期間は7〜10日であり、さらに熟成期間として1ヶ月ほどかかります。
これで完成したものをラガーと呼んでおり、雑菌があまり繁殖しません。
そのため品質が安定しており、澄み切った味わいのビールが大量生産できます。

クラフトビールに関する情報サイト
クラフトビールの雑学

このサイトは、最近人気のクラフトビールの雑学を分かりやすく解説しています。様々な種類のビールを味わって楽しみたいと考える人におすすめです。小規模なビール醸造所が作るものと、大手メーカーによるビールの違いに関しても説明しています。これらの2つの異なる点を詳しく知りたい場合に参考になるかもしれません。また日本における、小規模醸造所のビールの歴史についても触れています。きっとビール造りが身近に感じられることでしょう。

Search