日本のクラフトビールの歴史を見ていこう

日本のクラフトビールの歴史を見ていこう

クラフトビールも普及し、色々な種類の中から気軽に選んで堪能することができるようになりました。
身近な存在になったことを踏まえると意外ですが、日本に紹介されたのはかなり最近です。
本邦に初めて登場するのは1994年、当時の細川内閣が経済対策の一環として酒税法が改正されたことがきっかけです。
ビール製造免許に必要な生産量の下限が年間2000リットルから一気に60リットルに下げられました。
この改正により小規模事業者でもクラフトビールの生産が可能になり、一時は260以上の事業者を数えるほどで観光地を中心に一台ブームになりました。
ところが勢いは継続せず1997年には、製造業者は減少に転じます。
品質が安定しないことや大手ビールメーカーが発泡酒を売り出し低価格路線を鮮明にしたことが影響しています。
他方で良心的なブルワリーはひたむきに生産につとめ、品質の向上が図られ国際大会でも受賞されるほどのクラフトビールが輩出され、現在では500を超える製造業者がクラフトビールを生産販売しています。

クラフトビールや地ビールの定義はいったいなに

「クラフト(Craft)」は、英語で「工芸品」を意味していて、小規模な醸造所で造ったビールを「クラフトビール」と呼ぶようになりました。
1994年の酒税法改正より、それ以前には大規模な工場しか作れなかったビールを、小規模な工場で作れるようになり、一気にクラフトビール、地ビールのブームが到来しました。
しかし、まだ未発達だった小規模酒造所の技術の物足りなさや、お土産品としての扱われ方で、ブームは一過性の物として終わってしまいました。
それが、2011年頃から再ブームが起こります。
2018年に全国地ビール醸造者協議会(JBA)によって、クラフトビールの定義がなされました。
94年の酒税法改正以前から作っていた大規模なメーカーから独立している、そして1回の仕込み量が20キロリットル以下で醸造者が丁寧に管理していること、伝統的な地元の特有の原料で個性があふれたビールを醸造し地元に根付いて販売している、以上の三つがクラフトビールの定義になりました。

クラフトビールに関する情報サイト
クラフトビールの雑学

このサイトは、最近人気のクラフトビールの雑学を分かりやすく解説しています。様々な種類のビールを味わって楽しみたいと考える人におすすめです。小規模なビール醸造所が作るものと、大手メーカーによるビールの違いに関しても説明しています。これらの2つの異なる点を詳しく知りたい場合に参考になるかもしれません。また日本における、小規模醸造所のビールの歴史についても触れています。きっとビール造りが身近に感じられることでしょう。

Search