クラフトビールと大手メーカービールの違い

クラフトビールと大手メーカービールの違い

クラフトビールと大手メーカーのビールの相違点は、希少性の有無です。
大手メーカーの場合、多くは全国の各所に工場を設けて製品を大量生産しています。
全国のどこのエリアに住んでいても入手できて、安定した品質のビールを楽しめる点がメリットです。
クラフトビールの場合、醸造所は小規模であることが大半であり大量生産はできません。
製造している地域に行かなければ入手できなかったり、製造シーズンが限られていたりと希少性は高いです。
加えて小規模ならではのメリットとして挙げられるのが、醸造家と顧客との距離の近さです。
醸造所によりますが、定期的に見学会や試飲会を開催しているところに行けば、醸造家とコミュニケーションを取ることもできます。
製品を生み出す上でのエピソードや、味へのこだわりも聞きだせることでしょう。
物理的にビールの味を楽しむだけでなく、製品の背景や歴史もまとめて堪能できるのがクラフトビールの醍醐味と言えます。

シーズンごとによってリリースされるクラフトビールがある

クラフトビールは醸造家によって味わいの個性が異なります。
秋や冬シーズンには濃いめの麦芽ホップのクラフトビール、夏にはさわやかなビールがおすすめです。
近年ではバレンタインのみに製造される「チョコレートクラウト」というクラフトビールや、夏限定のトロピカルフレーバーのビールも好まれています。
醸造家・季節・好みや食との相性などによってさまざまな楽しみ方が出来る点が、クラフトビール最大の魅力です。
クリスマスやバレンタインなどのイベントのあるシーズンは、それに適したビールが作られます。
味わいで探すことも出来ますが、近年ではクリスマス用のワインブドウを使用したビールも存在するので、ぜひ楽しみたいところです。
さらにバレンタイン用とされていても、実際にはチョコレートが使用されておらず大麦の深みだけで味を表現したビールもあります。
興味を持った方は、インターネットでいろいろな醸造所を探してみるのも良いでしょう。

クラフトビールに関する情報サイト
クラフトビールの雑学

このサイトは、最近人気のクラフトビールの雑学を分かりやすく解説しています。様々な種類のビールを味わって楽しみたいと考える人におすすめです。小規模なビール醸造所が作るものと、大手メーカーによるビールの違いに関しても説明しています。これらの2つの異なる点を詳しく知りたい場合に参考になるかもしれません。また日本における、小規模醸造所のビールの歴史についても触れています。きっとビール造りが身近に感じられることでしょう。

Search